aya's memory

ヨガインストラクターAYAの日常

ミニマリストであることがもたらす幸運(ビジネス)

f:id:ayaneblog:20211109200206j:plain

こんにちは♪( ´▽`)

 

ヨガインストラクターAYAです!!

 

今回は、ミニマリストであることでもたらされる幸運について書いていきます。

 

目次

f:id:ayaneblog:20211109205441j:plain

ミニマリストとは

ミニマリストとは、持ち物を最小限に減らして暮らす人のことを指す言葉で、最近注目されているため、よく聞く機会が増えていると思います。

 

持ち物が少ないだけではなく、本当に必要なものだけを厳選し、最低限で暮らす生き方をしている人を指しています。

不必要なものは持たないため、固定費の削減(コスト)や空きスペースを作ることができます。

 

物を最小限にしたとしても、豊かに暮らすことを実現できます。

f:id:ayaneblog:20211128181110j:plain

ミニマリストが悲観的に見られるわけ

日本では、ミニマリストであることで悲観的に見られることがよくあります。

よく耳にすることが、

 

「ケチ臭い」

「生活感がない」

「貧相に見える」

etc・・・

 

たくさん批判的な意見があることも事実です。

 

確かに、見た目だけでいうと貧相に見えたり、貧乏臭く見えたりする人もいるかもしれません。

 

しかし、それはミニマリストである本質を知らないからとも言えます。

f:id:ayaneblog:20211109215830j:plain

ミニマリストであることのメリット

ミニマリストであることのメリットはたくさんあります。

①自分の本当に大切なものがわかる

物を最小限にすることで本当に大切なものだけに気づくことができます。

大切なものに気づくことで、物の本質に気つくことができます。

 

②お金や時間、労力を削減することができる

物を取捨選択することで、お金や時間、労力を節約することができます。

必要な物と不必要な物が分かることで、無駄なものを買わなくなります。

また、物が少なければ汚れたり散らかったりすることが無くなり、時間に節約にもつながります。

③蓄財が進むことで生活にゆとりが出る

今まで買っていた不必要なものを買わなくなることで、投資できる資金が増え、将来的に不安である、老後問題を解消することができる。

また、自己投資などの資産価値を生むものへの投資にも資金を投入できる。

 

④引っ越しなどの作業に時間がかからず時間の節約に繋がる

持ち物が少なければ、引っ越しにより環境を変えることも楽になる。

引っ越し費用も安く済み、時間も抑えることができるため、常に良い環境を整えやすくなる。

 

etc・・・

 

他にもあげればキリがないほど、メリットがたくさんあります。

f:id:ayaneblog:20211101180936j:plain

ミニマリストであることでもたらされる幸運とは

ミニマリストであることでもたらされる幸運はとは何か。

 

 

私が思う最大の幸運とは、

 

自分の最も大切にしていることへ資金を投入できることです。

 

私自身で例えるなら、ミニマリストになった時から、毎年かかっていた経費や固定費が約40%〜50%削減できていることです。

 

そのかからなくなった固定費などで、好きな海外旅行などに回すことができているということです。

 

さらには、資産の構築が早まっており老後の心配もなくなってきました。

f:id:ayaneblog:20211025232711j:plain

日本人がミニマリストを否定する理由

海外ではミニマリストの方は多いイメージはあるかと思いますが、日本ではまだまだミニマリストという考え方が根付いておらず敬遠されているという現状があります。

 

日本人は、昔から世間体ばかり気にする風習があります。

例えば、

・良い会社へ入社し、家庭を築き、マイホームを立てること。

・世間の人がこう言っているから間違いない。

・最近流行の感染性のウイルスで、ワクチンを打つとこういった副作用がある。

 ワクチンを打つことでアレルギーが出るから打たない。

etc・・

 

言い出すとキリがないくらいに出てきます。

 

全て、

世間体や根拠のない噂話を盲信する、日本人ならではの考え方であると思います。

 

もちろん、全員がそうとは言いませんが、大多数で当てはまると思います。

 

あなたは、

見栄を張るために不必要な物を買っているのですか?

生活感を出すために不必要な物を買っているのですか?

裕福に見せるために不必要な物を買っているのですか?

 

確かに、お金が有り余っていれば構わないと思います。

しかし、日本人の9割弱がサラリーマンという現実を考えると、大抵の方は、そんな生活を送っていれば資産を構築することが難しい上、カツカツの生活を余儀なくされることは必至であると思います。

f:id:ayaneblog:20211028232039j:plain

節約と倹約の違い

ミニマリストは、節約家でもありますが、一番は倹約家であるということ。

 

・節約家とは、電気の節約や時間の節約というように、お金の節約以外も節約していく人のことを指します。

・倹約家とは、お金の節約にフォーカスし節約していく人のことを指します。

 

ミニマリストは、お金の節約にフォーカスしているため、結果的に、時間や労働力といった部分の節約がついてくるという考え方です。

f:id:ayaneblog:20211025233019j:plain

まとめ

今回は、ミニマリストになることでもたらされる幸運という内容について書いていきました。

ミニマリストというものは、一見貧相に見えるかもしれませんが、必要と不必要を極めているため、普段通り生活している人と比べても、裕福であることが多いです。

無駄を省くことで、少しでも運転資金に余裕が出るので資産を構築し、好きなことをして暮らしていけるようになります。

少しでも、家の中を整理することで、どれだけの不必要なものが眠っているのか知ることが、ミニマリストの第一歩です。

 

 

今回はこの辺で、、、

ビジネスにおいて勝ち癖をつけることの大切さ

f:id:ayaneblog:20211109200206j:plain

こんにちは♪( ´▽`)

 

ヨガインストラクターAYAです!!

 

今回は、ビジネスだけではありませんが、勝ち癖をつけることの大切さについて書いていきます。

目次

f:id:ayaneblog:20211128162521j:plain

ビジネスにおいて必要な勝ち癖

ビジネスだけではありませんが、今回はビジネスにフォーカスしていきたいと思います。

どんなビジネスにおいても勝ち癖というものは一番大切なことです。

 

「仕事は勝ち負けじゃないよ!!」

「楽しく仕事した方がいいよ!!」

etc・・・

 

確かに気持ちはわかります。

 

しかし、

 

世の中が需要と供給で成り立っている以上、勝ち負けがついてくることは、逃れることができない現実です。

 

勝ち癖をつけるには、

常に勝てる戦いをし続けること。

闘ったら必ず勝てると言える戦いをすること。

自分が圧倒的にNo. 1になれるという自信のある分野で戦うこと。

etc・・・

 

とりあえず、勝ち続けることが必要です。

 

圧倒的No. 1になれる部分に手をつければ、時間の早い遅いがあったとしても、戦略が見えた時道筋が見えてきます。

f:id:ayaneblog:20211030151231j:plain

ビジネスにおいて求めなければならないもの

圧倒的No. 1

ビジネスをしていく上で求めなければならないものは、先ほども申しましたように、

圧倒的No. 1を求め続けることが大切です。

 

どんなビジネスでも競争相手がいるように、常に需要と供給の元に成り立っています。

 

あなたが、ふらっと店に立ち寄って手に持った商品には、数多くの起業が似たような商品を提供していると思います。

 

人それぞれ持っている武器が違うため、自分の武器を最大限発揮して勝ち続けなければなりません。

f:id:ayaneblog:20211128170150j:plain

プラットホーム

次に必要なことはプラットホームを取ること。

 

どういうことかと申しますと、自分の武器を最大限に活用し、基盤を作るということです。

何ごとにも基盤やベースというものが必要不可欠で、基盤がなければ土台がないことと同じことで、安定せずふわふわしている状態です。

 

システムやサービスを安定して提供するためには基盤が必要であるということです。

 

ディファクトスタンダード

プラットホームを持った後は、ディファクトスタンダードを確立することです。

※ディファクトスタンダードとは、市場での競争の結果として事実上の業界の標準となる規格や製品などを意味します。

 

ディファクトスタンダードを確立すると、その規格に対応した製品や、互換性をもつ製品がシェアを占めることになります。

市場を独占する場合もあります。

f:id:ayaneblog:20211128172028j:plain

負け癖がもたらす悪循環

負け癖がついてしまうと、ビジネスの世界では生き残ることが出来ません。

トップを走り続ける大手起業は、常に市場で頂点に立ち続けるために、この1分1秒でも新しい企画を立案しているところです。

 

負け癖がつくと、少し妥協した時でもOKを出してしまうことになります。

ビジネスの世界で、負け癖がつくとどうやって勝てるのか、何をすればいいのか分からなくなります。

最終的には、自分の気持ちも分からなくなり、意見さえ言えなくなります。

 

2番や3番でも喜ぶようになり、ましてや4番5番でも良しとなることで、企業に対してもたらす影響が大きくなります。

f:id:ayaneblog:20211025232958j:plain

1番以外は負けていることと同じこと

2番でも3番でも喜ぶのは負けを喜んでいることと同じこと。

ビジネスで1番になったことがなければ負けていることと同じことであるため、勝ち癖をつける努力をしなければなりません。

 

ビジネスをしている中で、

累積でNo. 1を取ることは至難の技です。

しかし、

純増でNo. 1を取ることであれば可能性があります。

 

純増でNo. 1を取ることができれば、1番になれたという気持ちが芽生えます。

勝ちを体験することが、勝ち癖をつける一番の近道です。

f:id:ayaneblog:20211128174259j:plain

事を成すために

事を成すという言葉があります。

事を成すということは、一生を賭して大きな事を成し遂げるということ。

 

ビジネスでは2番3番、ましてや4番5番をうろちょろしていて事を成せるほど、世の中は甘くはありません。

 

仕事だけに限らず、どんなことに挑戦する場合でも、

常に大きな事を成せるように、志を高く持って、また、高く保ってやり遂げていく必要があります。

 

仮に自分がビジネスをしているのであれば間違っても、

2番に甘んじたり、2番でいいと考えたり、2番になってよく頑張った!!などと口にしてはいけません。

 

2番は敗北であるという考え。

5番から2番になって自分の頭を撫でているようでは、その時点で成長はありません。

 

5番から2番になったら、もう少しで1番だ!絶対に1番になってやる!と心で思うこと。

 

勝ち癖をホームポジションにすることで1番以外は気持ちが悪くなってきます。

決めたら最後までとことんやり抜いていきましょう。

f:id:ayaneblog:20211128175722j:plain

1番になる事は仕事人としての自覚

1番になっていくということは、仕事をする上で自覚を持ち、仕事に取り組んでいくという事です。

 

会社を経営していて、部下に対して深い愛情があるならば、

ビジネスをしていて、自分自身のお客さまに対して強い責任感があるならば、

 

絶対に1番にならなければなりません。

 

なぜ、1番になることにこだわるのかと言いますと、

 

1番になることで、そこからゆとりが生まれ、

お客さまや部下に対してより優しくなれます。

 

さらに、

 

より責任を持った事業に取り組むなど、何ごとにも前向きになれます。

f:id:ayaneblog:20211128181110j:plain

まとめ

今回、何度も書いていますが、何をするにも1番を目指し続けなければならないということです。

向上心が自分の持っている力を引き出し、良い方向へ導いてくれると思います。

 

また、ヨガのことやビジネスのことなどを発信していけたらと思います。

 

今回はこの辺で、、、

日常で何かに行き詰まった時の対処方法(日常生活やビジネス)

f:id:ayaneblog:20211109200206j:plain

こんにちは♪( ´▽`)

 

ヨガインストラクターAYAです!!

 

今回は、仕事でもプライベートでも構いませんが、何かに行き詰まった時の対処法を書いていきます。

目次

f:id:ayaneblog:20211109205441j:plain

何かに行き詰まった時どうしますか?

もし、あなたは日常生活で行き詰まった時どうやって対処しますか?

 

・仕事の営業の成績が上がらない

・上司からの圧に耐えられず、仕事がうまくいかない

・プライベートで良いことが無く同じ日々の繰り返し

etc・・・

 

日常生活を送るにはたくさんの壁があると思います。

自分に訪れた壁を壁であると認識しておらず、解決策がわからないまま、迷走することも多くあると思います。

 

友人や家族へ相談しても、明確な回答が得られず答えは不明確なまま。

特に生活を送る中で一番ストレスを感じたり、もやもやしたりすることの原因は、

「人間関係」です。

f:id:ayaneblog:20211107123643j:plain

人間関係とは単純そうに見えて意外と複雑だったり、相手の顔色をうかがったりとストレッサーになりかねないことが多くあります。

 

対処法とは

日々、行き詰まった時やストレスを感じた時に、最も効果があると言われていることは、

 

「何も考えなくすること。」です。

 

簡単にいうと考えるという行為を忘れること。

 

何かに行き詰まった時、さらに考えすぎて頭が真っ白になってしまいます。

 

その時に、思い切って何も考えずに1日を過ごしてみてください。

 

仕事に追われている時は思い切った決断に感じるかと思いますが、頭がリセットされ新しい考えが浮かんだり、灯台下暗しといったように身近に意外と答えが落ちているかもしれません。

f:id:ayaneblog:20211028232131j:plain

ビジネスにも使える考え方

自分を律するためにも、自分と見つめ合う時間といったものはビジネスをする上で、かなり大切であるといっても過言ではありません。

 

仕事を休むことなく働いていると、常にアドレナリンが出ている状態であり、アドレナリンの作用で、血圧上昇や血糖値の上昇などが起こり、更には自律神経系の乱れに繋がります。

 

常に、交感神経系が優位であると、脳内疲労の蓄積、メンタル的疲労の蓄積などにより、精神疾患を患う可能性があります。

 

何も考えない日を設けることで、1日でも良いのでリラックスし休むことを心掛けます。

そうすることで、自律神経系の副交感神経が優位となり、疲労の軽減に繋がります。

副交感神経は、内臓などの働きにも関与しているので、とても大切であると言えます。

f:id:ayaneblog:20211025233219j:plain

日本人という人種

日本人という人種は、大変勤勉な人種で、責任感が強く任された仕事は、理不尽であったとしても断ることがあまりできないことが多いということもわかっています。

 

それは、良いことでもあり、悪いところでもあります。

疲労から精神疾患を患い、自ら人生の幕を下ろす方がとても多いです。

 

勤勉な性格から溜め込んでしまうということです。

 

そこで、少しでも何も考えずリセットする時間さえ設けることが出来ていたら。。。

f:id:ayaneblog:20211025232958j:plain

まとめ

皆さんも、私生活で苦しいことや、逃げ出したいことなどはありませんか??

その時に、1日でも良いので何も考えずに、全てを忘れてみてください。

脳内がリセットされ、新しい案などが浮かぶきっかけになるかもしれません。

 

少しでも、皆さんがリラックスできる環境を作って行けるように、これからも発信し続けていきます。

 

 

今回はこの辺で、、、

ヨガ(YOGA)のケガが起きる時の条件

f:id:ayaneblog:20211109200206j:plain

こんにちは♪( ´▽`)

 

ヨガインストラクターAYAです!!

 

 

今日は、ヨガで怪我が起きやすい条件について話していきます。

目次

f:id:ayaneblog:20211020212914j:plain

怪我の多い部位

ヨガでケガの多い部位は股関節です。

 

ヨガの練習を続けて、約7〜8年で4〜5人に1人の割合で怪我をしているという調査結果があるそうです。(約20%)

初心者が怪我をするのではなく、ヨガを続けてきた人が怪我をしているというのはとても意外で、私は初心者の方が怪我をしているのかと思っていました。

 

繰り返し、同じ部位を酷使していることが一番の原因です。

 

他にも初心者の頃は、ストレッチなどを念入りに行っていますが、ベテランになってくると少しの慢心になることも事実です。

 

「勝って兜の緒を締めよ」ということわざがあるように、慢心はダメだということですね。

f:id:ayaneblog:20211025232543j:plain

怪我が起きやすい条件とは

怪我が起きやすい条件にはいくつかあります。

全てがリスクファクターになるということです。

 

①  同じポーズを繰り返すことにより同じ部位を酷使する

②  自分の可動域の把握ができておらず、可動域の限界以上の収縮や伸展行う

③  股関節周りの内転筋などの主要筋肉が弱い

 

同じ動きをひたすら繰り返すアシュタンガヨガは、股関節や腰などの主要関節の怪我が多い。

そのため、アシュタンガヨガを、毎日繰り返すのはリスクになるのでオススメはできません。

違う動きを入れることで、ケガのリスクを軽減できます。

f:id:ayaneblog:20211020202312j:plain

ヨガでよく見るインスタ映えポーズは危険

ヨガでは、股関節周りの柔軟性が一番に取り上げられるポイントです。

そのため、ヨガは股関節のストレッチが一番大切であると思われている方が多く、股関節ばかりストレッチしがちです(限界可動域以上)。

最近はインスタグラムが普及しており、インスタ映えするポーズをとっている方が多く、無理にするのは大変危険で怪我につながります。

自分の限界を知ることが一番大切で、限界を超えないことが長くトレーニングするためには大切なことです。

f:id:ayaneblog:20211109202328j:plain

股関節の怪我を防止するために

ストレッチすることで筋肉が伸展し、一時的に気持ちがいい感じがします。

長期的に怪我をせずにヨガを続けるには、股関節周りの主要筋肉の強化をすること。

脊柱起立筋などの身体のバランスを整える筋力強化も必要です。

 

股関節周囲の筋力を強化することで、股関節を安定させることが出来ます。

日常生活において、股関節を安定させるためには、長時間の座った状態を避けて少しでも歩くことが大切です。

f:id:ayaneblog:20211019211241j:plain

まとめ

ヨガにおいて正しい知識を身につけ、独自のヨガの練習であると、同じポーズを繰り返し行ってしまいがちではありますので、しっかりと学ぶことが大切であると思います。

また、ヨガをする上で筋力トレーニングをすると、体が硬くなると敬遠してしまいがちですが、ヨガを長く続けるには自重を支え、耐え抜く筋力が必要であることも覚えておかなければならないと思います。

 

 

今回はこの辺で、、、

岸田政権発足で今後さらに貧困化が進む日本

f:id:ayaneblog:20211109200206j:plain

こんにちは♪( ´▽`)

 

ヨガインストラクターAYAです!!

 

今回は、今後さらに貧困化が進む可能性があるということについて掲載していきます。

目次

f:id:ayaneblog:20211101180936j:plain

岸田政権

9月に自民党総裁選が行われ、岸田内閣が発足しました。

岸田政権は

「金融所得課税を強化する」

というスローガンを掲げていましたが、

国民からのクレームが多かったために、一時的にスローガンを引っ込めましたが、

11月中旬に来年度の税制改正大綱で金融所得課税強化を重要課題としてあげる見通しとなりました。

 

 

では、なぜ国民のクレームが多かったのかわかりますか?

 

 

クレームを入れる人は、どんな政策であるのか理解ができている人であると思います。

しかし、

なぜクレームを言うんだろうと思っている人は、まだまだ自分達にどのような影響があるのかと言うことを理解できていない人ということになります。

f:id:ayaneblog:20211025232958j:plain

加速する貧困化

もしも、今の日本で金融所得課税が強化された場合、日本人はますます貧困化が進んでいきます。

それはなぜかというと、

現在の日本での株式における譲渡益と配当には一律20%(所得税・復興税15.315% + 住民税5%)の税率が適応しています。

しかし、岸田政権は

「譲渡益や利益に係る税金を一律25%〜30%に引き上げたい。」と謳っているものこそ

「金融所得課税を強化する」と言うことの本質になります。

 

これを聞いても上げるとどういう影響があるの??

と聞こえそうですので、説明していきます。

f:id:ayaneblog:20211107133120j:plain

貧困化の理由(資本主義社会)

岸田政権の目的は、富を分配して格差の是正を図ろうと言う目的で強化していこうと言っています。

 

「ん?それなら良いことじゃないの??」

 

いいえ、全く良いことではありません。

 

確かに日本でも格差の拡大は目に見えていることは事実です。

なぜならば、それは資本主義社会では当たり前のことです。

 

投資の利回り  >  労働賃金

投資家     >  労働者

 

時間と共に投資家の資本が増加していくのは極々自然のことであると言うことです。

 

岸田首相は新しい資本主義社会を作ろうと

「1億円の壁」

と言うものを持ち出していました。

f:id:ayaneblog:20211123163938j:plain

1億円の壁

1億円の壁を議題で持ち出していましたがそれがどう言うことであるのかを説明しますと、

 

岸田首相が

 

「不公平な税率が富裕層を優遇している。」

 

として1億円の壁というグラフ使いました。

f:id:ayaneblog:20211123164506j:plain

右軸は所得

左縦軸は所得に占める税金の負担率

右縦軸は所得に占める株式の譲渡所得の比率

を表しています。

 

これを見ても分からない方もいると思いますので説明しますと、

右軸の所得1億円の時、左縦軸の所得に占める税金の負担率が30%を境に下がっていることが分かります。

ということは、所得が増えるにつれ税金の負担が下がっているということです。

つまり、富裕層ほど所得税の負担が少ないということです。

 

なぜ、富裕層ほど所得税率が低くなっているのかカラクリを説明すると、、、

 

富裕層ほど所得に占める割合のほとんどが株式による譲渡益や売却益であるから!!です。

👉株式の配当や売却益などにかかる税金は一律20%でしたよね☺️

f:id:ayaneblog:20211109215830j:plain

経済の知識が弱い岸田政権

岸田政権は格差是正のために金融強化を上げていますがOECDの発表によっても日本は他の先進国と比べても、経済格差は低いという現状があることからも、是正に取り組む必要性も感じられません。

そもそも、他の国よりも日本は税金が低いです。アメリカ37%、日本20%)

理由①

★  他の国は所得に応じて税率が分けられている

 

アメリカの場合

年間所得:約450万円以下であれば金融所得税率は0%

年間所得:約5000万円以下であれば15%

年間所得:それ以上であれば20%

の税率を負担しなければならない。

 

イギリスの場合

年間所得:約180万円以下であれば0%

年間所得:約530万円以下であれば10%

年間所得:それ以上であれば20%

の税率を負担しなければならない。

 

日本の場合

年間所得関係なく一律20%の税金を負担しなければならない。

 

ということは、

日本以外の先進国は、所得に応じて負担税率の軽減措置が取られているため、格差是正の措置が取られていると言えます。

しかし、

日本では金融所得が小さい国民ほど、負担が大きい仕組みになっている!!ということ。

f:id:ayaneblog:20211101180305j:plain

例1

あなたの給与所得が100万円、株式の売却益が100万円の時、所得税率は0%で、売却益は20%かかるため20万円が税金として引かれます。

 

例2

あなたの給与所得が1800万円の時、雑所得などで増えた分全てに住民税などで50%の課税がかかってきますが、金融所得であれば一律20%が税金として引かれます。

 

上記の例からも分かるように、株式の売却益や配当に一律20%の税率がかかるとすると、

日本では、所得の低い人ほど税負担が重くなる一方で、所得の高い人ほど税負担が軽いという最悪な制度設計になっています。

 

岸田政権はこういった現状を何も把握できていないということです。

 

理由②

岸田政権は、理由①で説明したように低所得者ほど重い税制になっているのにもかかわらず、今回の税制改正大綱

「25%〜30%まで税制を引き上げたい。」

と言っています。

理由①で理由を把握できた方なら分かると思いますが、ただでさえ低所得者に重くのしかかっているのにも関わらず、税金を上げようとし、さらには格差を是正するなどという訳も分からないことを言っていることです。

これでは、ますます経済格差は広がっていくでしょう。

 

まとめ

今回は岸田政権の金融強化を1億円の壁というグラフを用いて説明したことと、経済格差是正を税率を上げることで改善しようとする、謎ばかりの政策について掲載していきました。

今回の税制改正大綱の件で、岸田政権がいかに経済に対して弱いのかということが浮き彫りとなりました。

経済格差を是正するのであれば、低所得者ほど税金を引き下げなければならないところを、真逆のことを行なって、さらに格差を広げる政策をしようとしています。

これから先の日本はどうなるのか分からないので、自分達で勉強し、対策を講じていきましょう。

 

今回はこの辺で、、、

 

 

経営者、芸能人、アーティストなどがヨガを始めている理由

f:id:ayaneblog:20211109200206j:plain

こんにちは♪( ´▽`)

 

ヨガインストラクターAYAです!!

 

今日は、最近、経営者や芸能人、アーティストなどがヨガを行っていることについて、触れていきたいと思います。

目次

f:id:ayaneblog:20211020212914j:plain

経営者や芸能人、アーティストなどにヨガが必要な理由

昨今、経営者や芸能人、アーティストなどが新しくヨガを始めているのは、知っていますでしょうか?

 

なぜ、ヨガを習いに来ている方がヨガを欲しているのか。

 

それは、

このストレス社会は今に始まったことではありませんが、過度なストレス状況下で私たちは戦っています。

家族や会社に揉まれ、嫌な上司や部下、営業先にストレスを感じている方が多いという現実です。

ストレスの発散する矛先を、酒やタバコに求めても何の解決にもなりませんよね?

 

そのような方達に必要なのは、リラックスや集中することです。

ヨガは、「リラックスや集中力を同時に学ぶことができます。」

 

ヨガの効果は、男女問わず、老若男女効果を得ることができます。

 

集中力や健康を手に入れると、器の大きさを手に入れることができます。

 

ビジネスや芸能、歌手全てに必要ですよね!

f:id:ayaneblog:20211019214509j:plain

ヨガが経営者や芸能人などに多く行われている理由

では、なぜヨガを最近される方が多くなっているのか。

①精神面が強くなる

会社員は少しのミスやトラブルなどでイライラしたり、精神的に乱れます。

しかし、ヨガで呼吸を学ぶことでイライラした時の呼吸の乱れに気づき、客観的に見られるようになり、落ち着くコツを学んだりできます。

 

②持久力や耐久力がつく

ヨガは体力の向上にも繋がります。

体幹部分が強化され、瞬発力や集中力が長続きするようになり、効率よく仕事がこなせるようになります。

疲れにくくなることは、私生活にも良い効果をもたらしますよね!

 

③怪我をしにくい

ヨガをすることで、柔軟性の向上に繋がり怪我をしにくい体に導くことができます。

体を鍛え、整えることことがヨガのメリットになります。

f:id:ayaneblog:20211020202312j:plain

ヨガは誰でもできる

ヨガは、よく女性のスポーツやトレーニングなどと聞くことがありますが、それは大きな間違いです。

アメリカでは、10人に1人はヨガを行っており、健康に関する意識が高く、男女ともに参加されています。

日本では、まだヨガ人口が多くはなく、周りの目を気にする人種ならでは結果です。

 

アメリカの経営者はほとんどが、有酸素やトレーニング、ヨガなどのworkoutを行っています。

日本では、ヨガをしている男性を見たりしたとき、男なのにヨガをするんだなどと、思われたりしますよね。

それが、日本では当たり前の恥ずかしい常識となっています。

f:id:ayaneblog:20211025232543j:plain

外資系エリートがすでに始めているヨガの習慣

外資系エリートがすでに始めているヨガの習慣」という本があります。

この中では、ヨガは、

女性のもの。

美容のため。

体が柔らかい人のもの。

というのが当たり前の価値観でした。

しかし、ヨガは4000年以上昔から人類が続けてきた、心と体を鍛える

「最強のエクササイズ」と言われています。

 

それにもかかわらず、日本ではほとんどが女性のみがやっており、こんなに素晴らしいエクササイズをしていないのは勿体無いということですね。

 

素晴らしいことが書いていますので興味のある方は、ぜひ見てみてください。

f:id:ayaneblog:20211025233219j:plain

まとめ

今回は、著名人がなぜヨガを始めているのかを掲載していきました。

集中力や体力を高めることで、全てがうまく導かれるようなエクササイズだということが分かりましたね!

日本でも、臆することなくヨガが広まっていくことを願って、これからも発信していきます。

 

今回はこの辺で、、

 

今の時代に適した初心者の副業の稼ぎ方(ブログ編) 

f:id:ayaneblog:20211109200206j:plain

こんにちは♪( ´▽`)

 

新米ヨガインストラクターAYAです!!

 

今回は、今の時代に適応した副業での稼ぎ方についてお話ししていきます。

目次

f:id:ayaneblog:20211101173218j:plain

ブログとは

今回は、ブログの稼ぎ方を書いていきます。

 

よく、ブログのことをよく知らない、やっていない方からよく聞くのは、

ブログの時代は終わっている。

そんなのじゃ稼げない。

etc・・・

 

とりあえず、始めていない方はよく分からないと思いますが、

始めてもいないのに、否定するのは今の時代のニーズに合っていません。

 

はっきりいうと、ブログは全然稼げます。

 

ブログは、自分の専門性を発信したり、興味のあることや流行などを掲載でき、世間の人に、自分のことを知ってもらえるツールでもあります。

また、ブログを掲載することで、名刺の代わりにも使えて続けることで信頼性を確保することもできます。

f:id:ayaneblog:20211101180936j:plain

月に数十万〜数百万稼いでいる人も多く存在していることも事実です。

しかし、そこまでの高い金額だと、リアリティに欠けるので、私のブログでは、

月に1万〜月に5万円ほどの稼ぎ方を書いていきます。

 

ブログは専業ではなく、副業で始める人が増えている

最近では、ブログを専業ではなく、副業として稼ぐ方が多くなりました。

2018年から多くの企業で副業解禁になり、誰でも副業の世界へ飛び込むことができるようになりました。

 

ブログを始める人が増える理由として、空いた隙間時間ででき、月に数万円ほど稼ぐのに手っ取り早いということもあります。

f:id:ayaneblog:20211115143906j:plain

1円を稼ぐのは楽な道ではない

あなたは、会社員として働いていれば、毎月決まった給料が決まっていますよね?

一から、自分で1円を生み出すのがどれほど大変なことなのか。

どんなに頑張っても必要なニーズがなく、必要としてくれる人がいなければ1円すらも生み出せません。

 

ブログで、最初のうちは1円すら生み出すことはできません。

こんなことを言うと、

「結局稼げないんだね。」

と言われそうですね。

ではどのようにブログで稼いでいくのか書いていきます。

f:id:ayaneblog:20211030142012j:plain

ブログでお金を稼ぐ仕組み

初めに、ブログでお金を稼ぐ仕組みについて理解しましょう。

 

既に知っている方は、スキップしていただいて構いません。

 

①広告費でお金を稼ぐ(アフィリエイト

⑴ 広告主と提携する

⑵ ブログで商品を紹介する

⑶ 読者が商品の体験や購入する

⑷ 広告主からの紹介料

 

⑴〜⑷の流れで報酬が入ります。

 

アフィリエイトサービス(ASP)とは何か?

ASPとは「アフィリエイトサービス・プロバイダー」の略で、広告主とブロガーをつなぐサービスです。

ASPは、広告主とブロガーを繋いでくれるため、ブログやサイトで紹介したい商品を探すことができます。

 

後で紹介しますがGoogleアドセンス同じくらいに必要な稼ぎ方です。

 

Googleアドセンスでお金を稼ぐ

GoogleアドセンスGoogleが提供する広告プログラムで、登録することでブログにアドセンス広告を掲載することができます。

 

アドセンス広告はブログを訪れたユーザーの興味のある広告を自動的に表示してくれるため、広告を見られる可能性が高く、広告がクリックされることで、ブログ運営者の収益になります。

 

しかし、Googleが出す広告であり、Googleのイメージや審査基準に合わないブログは審査に通過することはできません。

f:id:ayaneblog:20211028232039j:plain

ブログの準備

ブログを始める時に必要なものは、パソコンが必須になります。

パソコンがなくても始めることができますが、ブログのデザインなども集客に影響すると思いますので、極力パソコンは準備しておいた方がいいです。

 

準備が整ったら、次に必要なものはブログをどこのサイトで運用するのかが肝になってきます。

オススメは、WordPressで独自のブログをデザインして開設するのがオススメですが、

他にも、はてなブログAmebaブログなどでも構いません。

Amebaブログなどは初心者でも利用しやすいといったメリットがあります。

f:id:ayaneblog:20211030151231j:plain

ブログで稼ぐために必要なこと

ブログで稼ぐのに必要なことは、一貫して芯の通った内容や専門性のある内容を提供し続けること。

 

「情報がたくさんあって需要ないでしょ!」

 

などと言う方がいますが、意外と知らない方が多いのは事実で、自分だけの内容にアレンジして掲載すれば意外とPV数は稼げます。

 

ブログに詳しい方で、よくWordPressでしかアドセンスは通らないなどと言われていたりしますが、それはその人の感想で、実際に通っている人は多くいます。

私もその一人です。

f:id:ayaneblog:20211101180305j:plain

一番大切なこと

ブログもそうなのですが、副業を行う上で1番大切なことは、

続けること(書き続けること)です。

 

続けることで、信用ができGoogleアドセンスを通過したり、ファンや顧客によってアフィリエイトから収入を得ることができるようになります。

 

冒頭にも言いましたが、

1円を稼ぎ出すことはとても大変です。

人によって1年かかる人もいれば、数記事で収益化できる人もいます。

しかし、共通することはしっかりと続けていくことです。

 

続けることが苦手で面倒くさがる人には、どんなことであっても収益化などすることなんてできません。

 

継続は力なり

 

これは、ビジネスをする上でとっても必要な言葉です。

f:id:ayaneblog:20211025232711j:plain

まとめ

今回は、ざっくりブログについて話していきました。

ブログは終わっているなどと言う声をよく聞きますが、それはしていない人が言っているだけにすぎず実際に月に1万〜5万くらいなら誰でも稼ぐことはできます。

初めから無理だと思う方も、少しでも挑戦してから決めても遅くはないと思います。

自分の将来を決めるのは、赤の他人ではなく自分自身。

早く取り組むことで、将来は明るくなっていきますよ。

 

今回はこの辺で、、、

日本ではまだまだ低い資産形成への意識(生命保険編)Part2

 

f:id:ayaneblog:20211109200206j:plain

こんにちは♪( ´▽`)

 

新米ヨガインストラクターAYAです!!

 

 

今回は前回お話ししました、生命保険編の続きをお話ししていきます。

目次

f:id:ayaneblog:20211030135505j:plain

社会保障制度とは

社会保障制度とは、

病気、老齢、死亡、出産、怪我、失業、介護、貧困などが原因で

「国民の生活の安定が損なわれた場合」

に、国や地方公共団体などが一定水準の保障を行う制度のことです。

 

社会保障制度の機能
Point1

生活の安定や向上機能:人生のリスクに対応し、国民生活の安定を実現する機能

医療保険、老齢年金、介護保険など)

 

Point2

所得再配分機能:社会全体で低所得者の生活を支える機能

生活保護制度、公的年金制度など)

 

Point3

経済安定機能:経済変動の国民生活への影響を緩和し、経済成長を支える機能

雇用保険制度、公的年金制度など)

 

社会保障制度は、3つの機能が相互に重なり合い、

「日本国民が健やかで安心できる生活」を保障しています。

 

f:id:ayaneblog:20211109202328j:plain

社会保障制度の柱

社会保障制度は

社会保険

社会福祉

「公的扶助」

「保健医療・公衆衛生」

上記の4つを総称したものです。

 

社会保険」とは

人が病気や怪我、出産、死亡、老齢、障害、失業などの困窮

もたらす様々な事故に遭遇した場合に一定の給付を行い、生活の安定を図ることを目的とした強制加入の保険制度です。

 

社会福祉」とは

障がい者、母子家庭など社会生活を送る上で、ハンディキャップを負っている人々が、

そのハンディキャップを克服して安定して社会生活を営めるようように、公的な支援を行う制度です。

 

「公的扶助」とは

生活に困窮する人々に対して最低限度の生活を保障し、自立を助ける制度です。

 

「保険医療・公衆衛生」とは

人々が健康に生活できるように様々な事項についての予防、衛生のための制度です。

f:id:ayaneblog:20211109205441j:plain

民間の生命保険が必要ではない理由(高額療養費制度について)

今回は、なぜ民間の生命保険が必要ではないのかということを前回から

掲載しておりましたので、その根拠をお話ししていきます。

保険証の意味

あなたは保険証の意味をご存知でしょうか??

社会に出て会社などで働き出すと、会社から保険証を貰い、仮に病気などになれば、病院へ行き保険証を出していますよね?

 

ではなぜ会社から保険証を貰えるのか。

 

考えたことはありますか??

f:id:ayaneblog:20211107133120j:plain

保険証の意味は、

「あなたは、国の保険に加入していますよ」

という国からもらったなのです。

 

毎月、サラリーマンであれば、給与明細書の中で、

社会保険料という形で給与から天引きされていますよね?

しかも、かなり高い金額です。

この天引きされている保険料こそ、社会保険へ加入するために支払っている保険料になります。

社会保険に加入していれば、医療費が3割負担などの恩恵を受けられます。

 

1961年(昭和36年)以降、日本では、国民皆保険制度といって、すべての国民であれば強制的に社会保険に加入させられます。

f:id:ayaneblog:20211101180305j:plain



高額療養費制度

社会保障制度の医療保険の中に、高額療養費制度というものがあります。

 

高額療養費制度とはどのようなものか

⑴高額療養費制度は、家計に対する医療費の自己負担額が過重なものにならないように、

医療機関の窓口において医療費の自己負担を支払った後、月ごとの自己負担額を超える部分については、事後的に保険者から償還される制度です。

 

⑵自己負担限度額は、被保険者の所得に応じて設定されます。

f:id:ayaneblog:20211109213522j:plain

実質、高額な医療費がかかったとしても、一般のサラリーマンの年収であれば

負担する金額は10万円前後であることが多いです。

f:id:ayaneblog:20211109214538j:plain

なぜ、民間の生命保険に加入しなければならないの?

今回、生命保険が必要のない理由を掲載していますが、日本国民であれば、

社会保障制度でしっかりと守られている状態です。

働けなくなったとしても、生活保護制度や雇用保険制度などがありますし、

病気や怪我をしたとしても、高額療養費制度などがあります。

 

では、なぜ日本人の多くが国という素晴らしい保険に加入しているのに、

わざわざ、民間の生命保険会社で多額の保険金を毎年払込むのか。

 

それは、

「もし病気になったらどうするの?」

「もしがガンになったらどうするの?」

などといった、

「もし〜したら」といった不確定要素の多いものを

過度に恐れるという傾向があるためです。

他にも

「知人や知り合いが保険会社をしていて頼まれたから。」

という、義理と人情に熱い人間性

悪く言えば断ることが出来ない人間性関与していること

がわかりますよね。

f:id:ayaneblog:20211109215830j:plain

国という素晴らしい保険へ、毎月高い金額を支出して加入しているのに、

わざわざ更に追加で高い金額を民間の生命保険会社へ支出していては本末転倒です。

 

生命保険が原因で家計を圧迫している家庭は多い

毎月平均でも数千円〜数万円の保険料を追加で払い、

家計を圧迫している家庭は本当に多いです。

 

「もし〜だったら」というのであれば、生命保険会社への手数料や支払った金額に対して、

戻ってきた金額はいくらでしょうか??

 

結局は、生命保険会社へお金を払っている理由は

入院したら1日5000円などのお金をもらえると嬉しいなどといった贅沢したいという気持ちで保険をかけているだけ

であると私は思っています。

 

生命保険をかける金額が支出できるのなら、銀行へ同じ金額を貯蓄すればいいですし、投資をして増やすことを念頭においた方が効率がいいです。

f:id:ayaneblog:20211025232930j:plain

まとめ

今回2作に渡って、掲載してきましたが、

本当に、生命保険のかけ過ぎは、家計を圧迫するだけでなく、貯蓄の効率も大変悪いです。

 

・保険は保険

・貯蓄は貯蓄

・保険は掛け捨てでかけるべき

 

という切り離して考えていくことが必要であると思います。

 

本当に必要な保険について次回掲載していこうと思います。

 

長くなりましたが、ここまでご覧いただきまして

本当にありがとうございました。

これからも、ご愛読いただけたらと思います。

 

では、今回はこの辺で、、、

 

 

 

 

 

日本ではまだまだ低い資産形成への意識(生命保険編)Part1

f:id:ayaneblog:20211009225705p:plain

 

こんにちは♪( ´▽`)

 

新米ヨガインストラクターAYAです!!

 

前回は、iDeCoについて掲載しましたので、今回は生命保険について書いていきたいと思います。

目次

f:id:ayaneblog:20211107123643j:plain

生命保険とは

まず、あなたは生命保険が何かご存じでしょうか??

 

生命保険とは、加入者がそれぞれ保険料を出し合い、万が一のことが起こった人に対して、保険料として集めた、お金の一部を使用して損失に充ててもらう「相互扶助」と言う仕組みで成り立っています。

この仕組みのおかげで保険に加入している人は、万が一の時に保険金が受けとることができる仕組みになります。

f:id:ayaneblog:20211101180305j:plain

生命保険の役割

生命保険の役割を紹介します。

ポイント1

死亡・高度障害への備え

保険の対象となった被保険者が死亡・高度障害状態になった時に、保険金を受け取ることができます。

なお、高度障害とは病気や怪我により身体の一定の機能が重度に低下している状態を言います。

ポイント2

病気・怪我の保障

被保険者が病気・怪我で入院した場合の入院費や手術費用が保障されます。

代表例:がん保険、3大疾病、7大疾病などがあります。

 

ポイント3

介護への備え

被保険者が、保険会社所定の要介護状態が継続している場合等に、一時金や年金形式で保険金を払う仕組みです。

 

ポイント4

働けなくなった時の保障

死亡・高度障害には至ってないものの、怪我や病気で長期間働けなくなった時の収入の減少をカバーするための保険です。

 

ポイント5

貯蓄型保険

生命保険は、掛け捨てタイプと積立タイプの2つがあり、積立タイプは貯蓄に活用できる。

f:id:ayaneblog:20211101173218j:plain

本当に生命保険は必要??

上記のように、生命保険についてざっとではありますが、解説しました。

さらに詳しい具体的な保険の種類については、各種保険会社の説明をご覧ください。

 

私が、今回掲載したいことは、

生命保険の良さについてではありません。

 

日本人の8割〜9割がサラリーマンとして働いており、エリートサラリーマンなどでなければ、男女の平均生涯獲得所得(大卒含む)は約2億円余りになります。

f:id:ayaneblog:20211101180936j:plain

これは総所得のため、税金などを考慮していないことになりますので、さらに低い数値になります。

 

人それぞれライフスタイルは違いますが、多くの方が結婚し、子供が産まれ、マイホームを持ってと言うライフスタイルが日本人では多いことを考えると、生涯総所得から必要なお金を差し引くと、実質どのくらいのお金が手元に残ると思いますか?

 

生命保険は、入る年齢によってかかってくる金額は変わってきますが、大体数百万〜数千万かかる人もいます。

 

人生で2番目に高い買い物であると言われる所以です。

f:id:ayaneblog:20211105113709j:plain

生命保険はどんな仕組みでしたか?(重要)

ここで、おさらいしながら、仕組みを再確認しましょう。

まず、

日本では、社会人になると、生命保険に加入しないといけないみたいな風潮があります。(多くの企業でこのような回答を得ました)

フローチャート(例)

例1:生命保険会社を先輩などから紹介され、先輩の紹介のもとに加入

例2:親戚や友人が保険会社で働いている紹介のもと加入

例1、2:よく仕組みが分からないまま加入

医療保険がん保険、貯蓄型(ドル建て)保険などに加入)

毎月数千円〜数万円の保険料を支払う

年間数十万円の保険料払い、確定申告や源泉徴収を行う

数万円の生命保険料控除を受ける

 

ここでピンときた方は、マネーリテラシーが高いと思います。

 

高いお金を払っても、割安なお金しか返ってこないと言うことですね。

f:id:ayaneblog:20211107133120j:plain

生命保険をかけ続けている間は貯蓄は貯まらない(重要)

高額な生命保険をかけ続けている人は勘違いをしている方が本当に多いです。

 

・あなたは、生命保険をかけることで病気が治ると思っていませんか??

 

・貯蓄型(ドル建て)保険をかけることで、十数年後に少し増えるお金のために毎月いくらの手数料を払っているのか考えたことはありますか??

 

・先進医療保険は、最先端の医療を受けられる保険だと思っていませんか??

 

がん保険をかけることで、がんに罹患した時、最先端の治療が受けれるなんて思っていませんか??

 

f:id:ayaneblog:20211025232958j:plain

こんなことを思っているうちは、本当にお金が貯まりません。

高い生命保険をかけ続けている間は、貯蓄はなかなか貯まりません。

 

なぜ、貯まらないのか

なぜ貯まらないのか、それは

保険会社に高い手数料を払い、お金を預けているだけだからです。

保険会社に高い手数料を払って、お金を預け、病気に罹患した時にお金を受け取る。

 

こんな効率の悪いことがあると思いますか??

 

お金を貯めたいのであれば、各種銀行へ預けておけばいいですし、投資をして元本を増やした方が、最も効率の良い資金の貯め方ですよね?

f:id:ayaneblog:20211025232711j:plain

 

そもそも、保険で貯蓄しようという考え方がダメなのです。

 

保険は保険、貯蓄は貯蓄で切り離して考えなければいけませんし、

購入した瞬間に元本割れする商品をなぜ購入するのでしょうか??

 

そういった考え方を正していかなければ、貯蓄ができない、もしくは、貯まるスピードは遅くなります。

 

民間の生命保険会社とのやりとりは、

お金のやり取りだけである。

病気は治してくれない。

 

と言うことを今回は特に覚えていてほしいことになります。

 

 

今回は掲載が長くなりましたので、次回続きを書いていきたいと思います。

 

次回は、社会保障制度について触れていきたいと思いますので、ぜひご愛読お願いいたします。

 

今回はこの辺で、、、

 

 

日本ではまだまだ低い資産形成への意識(iDeCo編)

f:id:ayaneblog:20211009225318p:plain

 

こんにちは♪( ´▽`)

 

新米ヨガインストラクターAYAです!!

 

前回は、積立NISAについてお話ししましたが、今回はiDeCoと言う制度についてお話ししていこうと思います。

目次

f:id:ayaneblog:20211025233019j:plain

iDeCoって??

皆さんはiDeCoと言う制度はご存じでしょうか??

最近は、少しずつマネーリテラシーが上がってきており、NISAやiDeCoを知る機会が増えてきていると思います。

 

まずiDeCoとは、個人型確定拠出年金といい

将来に備えて自分で作る私的年金の制度のことです。

 

★個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)では、自分で拠出した掛金を60歳になるまで自分で運用して、原則60歳以降に老齢給付金として受け取ることができます。

f:id:ayaneblog:20211101180936j:plain

節税しながら資産形成ができ、月額5000円と少額からでも始めることができ

投資経験がない方も将来のお金の準備をする方法としておすすめの制度です。

 

現在、日本でのiDeCoの口座開設数は約218万口座数となっております。

f:id:ayaneblog:20211106155237j:plain

2021年9月末までの口座開設数

f:id:ayaneblog:20211106155437j:plain

 

iDeCo年々口座開設数は増加していますが、つみたてNISAなどに比べますと少ない値となっています。

iDeCoのメリット

iDeCoを始めると3つのメリットの恩恵を受けることができます。

f:id:ayaneblog:20211106160157j:plain

iDeCoのメリット

①積立・・所得税や住民税が軽減される

②運用・・運用益や税金が非課税になる

 

③受け取り・・受け取り時の税金が軽減される

※受け取り方(年金or一時金)で税金が変わるので注意する

 

メリット1

通常、運用して出た利益が出た場合、利益に対し20.315%の税金が引かれますが、

iDeCoでは運用益が非課税になるため効率よく資産を増やすことができます。

 

メリット2

拠出する金額が、全額、所得控除の対象になります。

また運用した資金を受け取る時にも、

退職金控除や公的年金等控除の対象になります。

 

メリット3

iDeCoは一定額を積み立てていく制度であり、将来に備えた資産形成に向いている制度です。

f:id:ayaneblog:20211106162140j:plain

iDeCoのデメリット

iDeCoと言えどデメリットはあります。

そのデメリットを理解した上で始めていきましょう。

f:id:ayaneblog:20211028232039j:plain

デメリット1

原則60歳まで引き出すことができない。

公的年金が一定の年齢にならなければ受給できないのと同じように、iDeCoで積み立てた資産は、原則60歳まで現金化できません。

しかし、万が一本人が障害を負ったとき年金か一時金のどちらかで受け取ることができます。また、お亡くなりになった場合でも、遺族が一時金としてその時の時価評価額で受け取れます。

 

デメリット2

手数料がかかる。

iDeCoの口座を開設して掛金を拠出する場合、

国民年金基金連合会」に加入時の手数料として2,829円かかる。

口座管理手数料として、

国民年金基金連合会」への手数料として105円かかる。

「事務委託先金融機関(資産管理サービス信託銀行)」へ66円かかる。

「運営管理機関」へ手数料が毎月かかります

 

デメリット3

掛金を払えなくなった場合。

iDeCoは急に掛金の見直しが必要になっても、柔軟に対応できる制度があります。

「加入者掛金額変更届」を提出し年に一度(1月から12月)掛金額の変更ができる。

払えない場合、「加入者資格喪失書」を提出し、一時的に掛金の支払いを止めることもできる。

f:id:ayaneblog:20211030151231j:plain

まとめ

今回はiDeCoについて書いていきました。

ざっくりではありますが、解説させていただきました。

 

確かに、引き出すことができないなどのデメリットはありますが、それを払拭するだけのメリットがあります。

運用益の非課税に加え、掛金の税金全額控除は、大変魅力的です。

 

老後の備えとして、つみたてNISAやイデコを活用することで、老後問題は解決することができますのでぜひ実行していきましょう。

 

また、お金に関する情報も発信していきますので、ご愛読よろしくお願いいたします。

 

今回はこの辺で、、、