aya's memory

ヨガインストラクターAYAの日常

日常で何かに行き詰まった時の対処方法(日常生活やビジネス)

f:id:ayaneblog:20211109200206j:plain

こんにちは♪( ´▽`)

 

ヨガインストラクターAYAです!!

 

今回は、仕事でもプライベートでも構いませんが、何かに行き詰まった時の対処法を書いていきます。

目次

f:id:ayaneblog:20211109205441j:plain

何かに行き詰まった時どうしますか?

もし、あなたは日常生活で行き詰まった時どうやって対処しますか?

 

・仕事の営業の成績が上がらない

・上司からの圧に耐えられず、仕事がうまくいかない

・プライベートで良いことが無く同じ日々の繰り返し

etc・・・

 

日常生活を送るにはたくさんの壁があると思います。

自分に訪れた壁を壁であると認識しておらず、解決策がわからないまま、迷走することも多くあると思います。

 

友人や家族へ相談しても、明確な回答が得られず答えは不明確なまま。

特に生活を送る中で一番ストレスを感じたり、もやもやしたりすることの原因は、

「人間関係」です。

f:id:ayaneblog:20211107123643j:plain

人間関係とは単純そうに見えて意外と複雑だったり、相手の顔色をうかがったりとストレッサーになりかねないことが多くあります。

 

対処法とは

日々、行き詰まった時やストレスを感じた時に、最も効果があると言われていることは、

 

「何も考えなくすること。」です。

 

簡単にいうと考えるという行為を忘れること。

 

何かに行き詰まった時、さらに考えすぎて頭が真っ白になってしまいます。

 

その時に、思い切って何も考えずに1日を過ごしてみてください。

 

仕事に追われている時は思い切った決断に感じるかと思いますが、頭がリセットされ新しい考えが浮かんだり、灯台下暗しといったように身近に意外と答えが落ちているかもしれません。

f:id:ayaneblog:20211028232131j:plain

ビジネスにも使える考え方

自分を律するためにも、自分と見つめ合う時間といったものはビジネスをする上で、かなり大切であるといっても過言ではありません。

 

仕事を休むことなく働いていると、常にアドレナリンが出ている状態であり、アドレナリンの作用で、血圧上昇や血糖値の上昇などが起こり、更には自律神経系の乱れに繋がります。

 

常に、交感神経系が優位であると、脳内疲労の蓄積、メンタル的疲労の蓄積などにより、精神疾患を患う可能性があります。

 

何も考えない日を設けることで、1日でも良いのでリラックスし休むことを心掛けます。

そうすることで、自律神経系の副交感神経が優位となり、疲労の軽減に繋がります。

副交感神経は、内臓などの働きにも関与しているので、とても大切であると言えます。

f:id:ayaneblog:20211025233219j:plain

日本人という人種

日本人という人種は、大変勤勉な人種で、責任感が強く任された仕事は、理不尽であったとしても断ることがあまりできないことが多いということもわかっています。

 

それは、良いことでもあり、悪いところでもあります。

疲労から精神疾患を患い、自ら人生の幕を下ろす方がとても多いです。

 

勤勉な性格から溜め込んでしまうということです。

 

そこで、少しでも何も考えずリセットする時間さえ設けることが出来ていたら。。。

f:id:ayaneblog:20211025232958j:plain

まとめ

皆さんも、私生活で苦しいことや、逃げ出したいことなどはありませんか??

その時に、1日でも良いので何も考えずに、全てを忘れてみてください。

脳内がリセットされ、新しい案などが浮かぶきっかけになるかもしれません。

 

少しでも、皆さんがリラックスできる環境を作って行けるように、これからも発信し続けていきます。

 

 

今回はこの辺で、、、