aya's memory

ヨガインストラクターAYAの日常

夢を見ることの大切さ

f:id:ayaneblog:20211109200206j:plain

こんにちは♪( ´▽`)

 

ヨガインストラクターAYAです!!

 

今回は、夢見ることの大切さについて書いていきます。

目次

f:id:ayaneblog:20211128175722j:plain

夢を決意する

夢を決意するということはとても大切なことです。

 

若い時には無限大に夢があります。

 

夢というのは、漠然としていそうですが、その持った夢に自分の人生は概ね比例すると言われています。

 

小さな夢であったり、大きな夢であったり色々あると思います。

小さな夢であればその夢の範囲の中で、その夢の50%を達成できるのか、80%を達成できるのか。

それは人によって異なります。

 

夢はできるだけでかい夢を持った方がいいです。

 

夢に人生が比例するというのであれば、小さい夢よりもでかい夢を持った方がいいということになりますよね。

f:id:ayaneblog:20211203130158j:plain

夢を達成できる人とできない人の違い

夢を達成できる人と達成できない人の唯一の違いは、

その夢をどのくらい心の底から達成したいと思うのか。

強い決意をし、その夢に向かって恐ろしいまでの情熱でどのくらい努力したのか。

 

夢の大きさは金額的な大きさでなくても構いません。

 

例えば、

 

世界一美味しいパンケーキを作れるようになりたいということもでかい夢です。

 

世界一上手にピアノを弾きたいというのもでかい夢です。

 

画家になりたい人がいたとしてお金持ちの画家というのもいいですが、

貧乏な画家の方がハングリー精神が強くいい絵が描けると個人的に思います

 

例えていうのならゴッホのような生き様が一番画家として私は尊敬できます。

人に売るために絵を描くのではなく、展覧会に出して有名になるとか、画商を通じて絵を売るという画家を目指すより、

自分が一番書きたい絵を描くこと。

世の中の常識とは関係なしに、自分が一番納得する絵を描くこと。

それも素晴らしいでかい夢だと思います。

f:id:ayaneblog:20211102190608j:plain

夢を描くことが自分の人生に対するビジョン

どんな夢であれ、夢を描くことが自分の人生に対するビジョンを持っているということ。

 

自分の夢を明確に持たず、また、自分の人生に対するビジョンも全く持たずに、

ただ生きていくためだけに、会社へ給料を貰いに行く。

 

「でも現状、今は夢がないため仕方がない。」

 

などと言っている人がいますが、

 

仕方がないと言っている間に人生はあっという間に終わります。

 

本当にあっという間です。

f:id:ayaneblog:20211105113709j:plain

あっという間に50代、60代になります。

 

周りで、よく現実世界を見れていない人ほど、

 

「そうは言うけど現実はこうだからと言って、

夢物語ばかり語ってもだめ。とりあえず現実を踏まえて。」

 

などと言っている人がいます。

 

そんなことを言っている人ほど、その現実から逃れられないまま人生が終わることが、本当に多いと言うことです。

 

 

現実が厳しいからこそ自分の夢を、自分の人生に対するビジョンをしっかり持つべきであると、私は思います。

 

私の人生の教訓

 

「常に志高く、大きな夢をもて。自分の持った夢に人生は比例するのだから。」

f:id:ayaneblog:20211128170150j:plain

まとめ

今回は、夢を持つことの大切さについて書いていきました。

少し、日記のようになってしまいましたが、夢を持つことが自分の人生を変えていくと言うことは間違いのない事実です。

私は、今たくさんの夢に向かって努力しています。

その夢を夢で終わらせないようにしていくことが、人生を作り上げていくために必要だと思っています。

皆さんも、どんな小さな夢でもいいので作って、叶えていくために努力していきましょう。

 

 

今回はこの辺で、、、