aya's memory

ヨガインストラクターAYAの日常

若者に多いコミュニケーションの変換癖とは??

こんにちは!!

 

ヨガインストラクターAYAです!!

 

今回は、最近の若者に多い、

 

「コミュニケーションの変換癖」

 

について書いていきます。

 

目次

コミュニケーションの変換癖とは??

最近の若者のコミュニケーションについていささか疑問に思う部分があります。

 

現代では、SNSや、匿名で参加できるオンライン上のプラットフォームなどがあり、

 

全体的に日常会話が少なくなっていると感じることがあります。

 

会話が減っていく中で、改めてコミュニケーションを取った際に、

 

「ん?その会話ずれてるな。」

 

「そういう意味じゃないんだけどな。」

 

と、思う部分があります。

 

例えば、

 

カップルの場合

彼女

「明日会えるかな??」

 

彼氏

「明日忙しくて、何時になるかわからないけど。」

 

彼女

「じゃあ、会えないってことだね。」

 

【彼氏は会えないとは言ってないですが、彼女の気持ちとしては会えないと変換されています】

 

②ダイエットの場合

トレーナー

「減量中は、この食材を食べると、みるみる痩せていきますよ。」

 

受講者

「その食材以外は食べない方がいいってことですね!!」

 

【トレーナーは食材をオススメしているだけで、他のものを食べてはいけないと言っていないのですが、受講者の頭の中では、その食材以外は食べてはいけないものだと変換されています】

 

③職場の場合

上司

「昨日お願いした資料作ってくれたかな??」

 

部下

「すみません。」

 

【仕事を終えたのか確認しただけではありますが、怒られていると思って謝っています】

変換癖を続けることで引き起こされやすいこと

私も、多くのパートナーを指導育成している中で、

 

「そんなことを言ってるんじゃないんだけどな。」

 

と思うことが、多々あります。

 

変換のポイント

①自分の中の基準

②自分の価値観

③自分の考え方の癖

etc・・・

 

相手の意図を汲み取ることができずに、勝手に自分なりの解釈を用いてしまうと、

 

❶相手を疲れさせる原因になりやすい

❷話が伝わらないから、今後、教えることをやめようと思われやすい

❸知識が身につきにくくなりやすい

❹正確な情報を得にくくなりやすい

❺物事を正しく理解することができにくくなる

❻人間関係での誤解が増えてトラブルが生まれがちになりやすい

 

etc・・・

 

なかなか、いい方向へ繋がりにくいという印象を受けますよね!!

 

変換癖を止めるだけで、話がスムーズに進みやすくなることはもちろん、悩みが解決したり、信用が増えたりといいことが多くあります。

 

普段からの会話を思い出して、自分に変換癖が無いか気をつけてみましょう。

まとめ

今回は、コミュニケーションの変換癖について書いていきました。

 

自分自身を見つめ直し、考え方を変えることで、素敵なマインドへ近づくことができるようになります。

 

自分に当てはまるなと感じる方は、この際に、見つめ直してみましょう!!

今回はこの辺で、、、